~日本ICDの会~活動

ICDとは「Implantable Cardioverter Defibrillator 」の略で植込み型除細動器のことです。  体の中に植え込んでおいて、心室頻拍、心室細動などの致死的な不整脈が起こった時に自動的にペーシング、除細動(電気ショック)を行って不整脈を止めるのです。

Evera-MRI私達はこの器械を体に入れていることで毎日の生活を以前より安心して送ることができますが、ICD、CRT-Dを体に入れているが故の悩みも沢山抱えています。この会は2000年に関西(京都)で生まれ、患者、家族の思いの共有の中から、話し合い、共に勉強しながら少しでも悩みを解決してQOL(生活の質)の向上を目的としています。

患者、家族同士、助け合いや共感出来ることも多いはずです。

そして色々な活動の中でICD、CRT-Dの存在を広め理解していただき、また体外式除細動器AEDを用いた心肺蘇生実技講習会を実施し、命の重さを体感している患者だからこそ救命の尊さを伝えて生ける活動をNPOの活動の一環として進めております。

会員家族の昼食会相談会終了

日時:平成28年11月20日(日)
場所:京都駅前メルパルク京都

20161120kyotoこの度は京都紅葉観光でにぎわうこの季節に、各地からご参会頂き有難うございました。
皆様のご協力で無事終えることが出来ましたこと、厚くお礼申し上げます。
当日、九州からわざわざ当会の為にご列席いただきました九州大学病院、丸山徹先生には厚くお礼申し上げます。
また、体験、相談等の質疑応答には積極的な質問もあり様々なお悩み、有意義な意見交換がされたものと感じております。今後ともこの様な機会に積極的にご参加いただき病気に負けないで、不安を吐き出して、立ち向かって行かれます事を切に希望いたします。

第10回東京講演会終了

平成28年11月6日(日曜日)東京新宿ワシントンホテル 新館3階

第10回東京講演会を終了いたしました。
東京女子医科大学病院 臨床教授 庄田 守男 先生
東京医科歯科大学不整脈センター副センター長 合屋 雅彦 先生
お二人の先生方をはじめ、患者・家族の皆様にご参加いただき無事に終了する事が出来ました事、感謝申し上げます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

合屋先生・庄田先生
合屋先生・庄田先生
会場風景
会場風景

※写真の二次利用禁止

ICD及びCRT-D一部製品の自主回収について(セント・ジュード・メディカル)

セント・ジュード・メディカル株式会社様より自主回収のご連絡がありました。
又、対象になる機器のシリアル番号を調べるには、こちらのサイトでお願いいたします。
シリアル検索サイトhttp://www.sjm.co.jp/recall2016/

患者様および患者様ご家族の皆様へ

セント・ジュード・メディカル社製の医療機器に関する大切なお知らせ
セント・ジュード・メディカル株式会社は、患者様と先生方に弊社製品を安全にご使用して頂く為、全ての重要な製品情報をご提供するべく鋭意努めております。それに基づき、患者様がご使用中の植込型除細動器(以下、「ICD」)もしくは両室ペーシング機能付き植込型除細動器(以下、「CRT-D」)に関する大切な情報をご提供させて頂きます。対象製品名につきましては下表をご覧下さい。 詳細はこちら

植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

月別アーカイブ

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 546218総閲覧数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 232昨日の閲覧数: