読売新聞「編集手帳」

logo_yomiuripremium

いつも読んでいる読売新聞の「編集手帳」(現在の担当は論説委員竹内政明さん)
20日の記事が心に残ります。

=====================
鉄道の線路には、記憶に残る若き日の自画像をくすぐるものがある。歌集『流木』で今年の読売文学賞(詩歌俳句賞)に選ばれた高野公彦さんに忘れがたい一首がある。〈青春はみづきの下をかよふ風あるいは遠い線路のかがやき〉
◆青春は青春でも、その二人には青ざめた春の記憶が残るのかも知れない。千葉県内の公立高校で入試当日の朝、電車を乗り間違えた受験生である。JR京葉線の南船場駅ホームで「もう間に合わない」と途方に暮れた
◆古い俗謡にある。鮎は瀬につく、鳥は木にとまる、人は情けの下に住む
◆その駅を出た電車の車掌が「困っている学生がいる」と指令室に報告した。連絡を受けた駅長が焦る二人に乗り継ぎ方法を教え「大丈夫。落ち着いて試験を受けてきなさい」と送り出した。集合時間には遅れたものの、駅長が学校にトラブルの発生を伝えてくれたおかげで手続きがすみやかに進み、試験開始には間一髪で間に合ったという
◆異変に気付いた車掌さんの”目”。電話に伸びた駅長さんの”手”。遠い線路に人の情けが輝いて、青ざめた春の記憶もまんざら捨てたものではない。
=====================

※読売プレミアムに登録すればネットで読めます。(読売新聞購読者サービス有料)
http://premium.yomiuri.co.jp/info/henshu-techo.html

hitomi


「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 624203総閲覧数:
  • 69今日の閲覧数:
  • 219昨日の閲覧数: