2015年 7月

尿1滴でがん診断
九州大学などの研究グループは、「線虫」と呼ばれる生物を使って、微量の尿からがんを高感度に検出できることを明らかにした。さまざまな種類のがんを、早期の段階で高精度かつ安価に検出することにつながるという。

血液1滴でがん早期診断
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、乳がんや大腸がんなど13種類のがんを1回の採血で発見できる次世代診断システムの開発プロジェクトを始動する(リリース)。国立がん研究センターと国立長寿医療研究センターの他、東芝や東レなど9法人・団体が参加する。

何も言う事は無い、「ありがとう宜しく」の言葉と「早期の実用を」だけです。

hitomi

平成27年7月11日(土曜日) TKPガーデンシティ宇都宮
自治医科大学甲谷先生中心に講演会相談会開催させていただきました。毎年参加者も多く新規入会者も多数おられて次回来冬になりますが食事会兼ねて交流開会させていただくことをお約束させていただきました。ありがとうございました。

甲谷 藤田 福村
甲谷 友幸先生 理事長 藤田 竹思良 副理事長(理事長補佐)
福村希実子
会場
会場風景

※写真の二次利用禁止

yamato皆さん知っていましたか。
クロネコ宅急便の不在票の両サイドに切れ込みが入っている事を。

下記のような経過で出来上がったようです。
出典 http://d.hatena.ne.jp
==============
宅急便の不在連絡票。留守をして帰宅するとポストに入れてあるあの細長い連絡票。これが目の見えない人には困るのだ、と聞いた宅急便のヤマト運輸の一女性社員。そこで試行錯誤の末、連絡票の真ん中より少し下の両サイドに切り込みを入れた。

その切り込みは、もちろん、クロネコヤマトだからΣ形のネコの耳。これでどこからのメッセージかが文字通り「一触瞭然」。でもこれもやっと1997年8月に始まったばかり。

だがしかしである。これを実用化した先の女性社員は視覚障害者だった。健常者はいかに非健常者の困難がわかっていないか、このような形で思い知らされる。相手の立場になって考えよと小学校から教えられてきたがいまだに実践できない自分が情けない。
==============

私も知りませんでした。これが18年も前から行われていたのに実際知っている方は少ないのではと思います。ヤマトの社員も!!
素晴らしい良い物は他社も真似コキと呼ばれてもやるべきでは・・・・

hitomi

大分県の子供4人が犠牲になった放火事件は本当に痛ましい。
原因は病気とか家庭内不破とかいろいろ書いてあるが、その事はこれから明らかになって行くのでしょう。
私がこれを聞いて、何たる父親、何が有ったのかと思う反面、もう一つ思う事は8人の子持ちの親をなぜ単身赴任させるのかだ。この方でないと自衛に重大な問題が起きるのか、本人が強く嘆願したのか分からないが、これが今の日本企業(自衛隊)の考え方なのかと空しく思ってしまう。

広島に赴任したのが、どのような経過なのか細部の事は分からないが、(表に出ない理由が有ったのだろうが)これに限った事ではない一般論として、本当に子供に優しくない日本と思ってしまう。何も言葉や物のことを言っているのではない、子供をたくさん産んで育てる人に優しく無いと思うのだ、「勝手に好きで産んだ」「子供がいるからって特別扱いしない」「仕事は厳しいものだ」なんてことが口では子供は日本の宝だと言いながらまかり通っているのだ。
子供は大事と言いながら、「うるさい、じゃま、こっちに迷惑かけるな」って大人が多すぎる。こんな事を思わない大人だったら、「8人も子供がいるなら地元に居て頑張れ」と。

「はい、広島に転勤ね」なんて事など、とても言えない。まして民間企業でもあるまいし、こんな事マスコミも追及しないのだろうな・・・・・
毎日顔を合わせられる距離に居たなら、幸せになるとは限らないが、このような結果にはならなかったのでは、残念。

hitomi

アメリカの話題ですが、何か嫌な記事が目に入りました。
「突然死した植込み機器使用者の半数に機器の不具合」
日経メディカル(会員制)
MEDLEY
22人中11人に装置の問題があったと報告されている。

ICDに関しては、ICDを使っていた突然死者の8人中7人
5件にICDの心室細動不検出があった。1個のICDはプログラムの問題により心室細動を見逃した。1件では装置の選択が適切でなかったと書かれている。

このまま読むと大変となるが、あくまでもこれは、機器を入れて突然死したかたで、VTやVFが起きても作動で助かった人は含まれていない事を見落とさないようにしなければいけません。(植込み患者の多くの人は助かっているはず)
それでも、このような死亡後の検証がなされていない現状では装置不良の%は低く計算される結果につながるのだろう。
機械を扱っている人間としては、これを0にすることはあり得ない事は分かるが、機器の検知能力の精度を上げる努力がますます必要か。

hitomi

≪第30回日本不整脈学会学術大会/第32回日本心電学会学術集会≫
市民公開講座「減らせ突然死」が不整脈学会の最終日に行われますのでお知らせいたします。
京都での開催になりますが、有意義なお話がお聞きできるものと思われます。ご参加されてはどうでしょうか?

日時:2015年7月31日(金)13:30~16:10
会場:国立京都国際会館 アネックスホールA(第7会場)
参加費:無料
定員:280名(AED模擬授業 40名)

下記チラシ・申込書をご確認、印刷のうえ、お申込下さい。

Fujita

150731p  150731m

「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 616989総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 254昨日の閲覧数: