ワードプレス覚書 月別アーカイブ

月別アーカイブこのままだと長くなるので、今年度以外は年度別にたたむ設定にする。
スタイルシートの上書きで消えた場合の為の覚書。

http://nelog.jp/folding-archive-widget

style.css
/************************************
** 折り畳みアーカイブウィジェット
************************************/
.widget_archive a.year{
cursor: pointer;
text-decoration: underline;
}

.widget_archive .years ul {
-webkit-transition: .3s ease;
transition: .3s ease;
margin: 0;
margin-bottom: 1em;
}

#sidebar .widget_archive ul.years li{
margin-bottom: 0;
}

.widget_archive ul.years .hide {
margin: 0;
height: 0;
opacity: 0;
visibility: hidden;
}

footer.php フッターの</body>手前に(貼り付けの場合script内の<>を全て全角から半角に。)
<script type=”text/javascript”>
/////////////////////////////////
// 折り畳み式アーカイブウィジェット
/////////////////////////////////
(function($) {
$(function() {
var wgts = $(“.widget_archive”);//アーカイブウィジェット全てを取得
//アーカイブウィジェットを1つずつ処理する
wgts.each(function(i, el) {
wgt = $(el);

//日付表示+投稿数か
var has_date_count = wgt.text().match(/\d+年\d+月\s\(\d+\)/);
//日付表示だけか
var has_date_only = wgt.text().match(/\d+年\d+月/) && !has_date_count;

//日付表示されているとき(ドロップダウン表示でない時)
if ( has_date_count || has_date_only ) {
var
clone = wgt.clone(),//アーカイブウィジェットの複製を作成
year = [];
//クローンはウィジェットが後にに挿入。クローンはcssで非表示
wgt.after(clone);
clone.attr(“class”, “archive_clone”).addClass(‘hide’);

var
acv = wgt; //ウィジェット
acvLi = acv.find(“li”); //ウィジェット内のli全て
//ul.yearsをアーカイブウィジェット直下に追加してそのDOMを取得
var acv_years = acv.append(‘

‘).find(“ul.years”);

//liのテキストから年がどこからあるかを調べる
acvLi.each(function(i) {
var reg = /(\d+)年(\d+)月/;
//日付表示+投稿数か
if ( has_date_count ) {
reg = /(\d+)年(\d+)月\s\((\d+)\)/;
}
var dt = $(this).text().match(reg);
year.push(dt[1]);

});
$.unique(year); //重複削除

acvLi.unwrap(); //liの親のulを解除

//投稿年があるだけ中にブロックを作る
var
yearCount = year.length,
i = 0;
while (i < yearCount) {
acv_years.append(”
<ul>
<li class=”year_” + year[i] + “”><a class=”year”>” + year[i] + “年 </ul>
“);
i++;
}

//作ったブロック内のulに内容を整形して移動
//オリジナルのクローンは順番に削除
var j = 0;
acvLi.each(function(i, el) {
var reg = /(\d+)年(\d+)月/;
//日付表示+投稿数か
if ( has_date_count ) {
reg = /(\d+)年(\d+)月\s\((\d+)\)/;
}
var
dt = $(this).text().match(reg),
href = $(this).find(“a”).attr(“href”);

//月の追加
var rTxt = ”
<ul>
<li><a href=”” + href + “”> //日付表示+投稿数か
if ( has_date_count ) {
rTxt += ” (” + dt[3] + “)” + “</li>
</ul>
“; //投稿数の追加
}

//作成した月のHTMLを追加、不要なものは削除
if (year[j] === dt[1]) {
acv_years.find(“.year_” + year[j] + ” ul”).append(rTxt);
$(this).remove();
} else {
j++;
acv_years.find(“.year_” + year[j] + ” ul”).append(rTxt);
$(this).remove();
}
});

//クローン要素を削除
clone.remove();

//直近の年の最初以外は.hide
acv.find(“ul.years ul:not(:first)”).addClass(“hide”);

//年をクリックでトグルshow
acv.find(“a.year”).on(“click”, function() {
$(this).next().toggleClass(“hide”);
});
}//if has_date_count || has_date_only
});//wgts.each

});

})(jQuery);
</script>

2017/06/12追加
wp-includes内のgeneral-template.php 1325行
現在12ヶ月分しか表示されなかったので下記のようにした。
12(月)を240(月)にすると20年分


植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 590025総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 269昨日の閲覧数: