来年春よりスタートする準中型免許制度について

平成29年3月12日以降スタートする免許制度について(準中型免許新設)調べてみました。(免許センタにも問合せ)
今お持ちの免許が普通免許や中型免許(8t限定、平成19年前の普通免許)なら準中型免許、中型免許(総重量8トン限定)になりますのでそのまま行けます。名前が変わるだけです。
(限定無しの中型免許や大型免許は今でも規制されていますが、中型免許は県や医師によって灰色です)
又、植込み前に持っていた大型免許や二種免許はあくまでも法律上は自主返納ですので強制力は有りませんが、強く諭されます。

来春3月からの免許区分
現在免許証をもっている方は下記のように(書き換え)変わります。
普通免許(総重量5トン未満)から準中型免許へ(総重量5トン未満)
≪中型・大型は変わらず≫
中型免許(総重量8トン限定)から中型免許(総重量8トン限定)
中型免許(総重量5トン以上11トン未満)から中型免許(総重量5トン以上11トン未満)
大型免許(総重量11トン以上)から大型免許(総重量11トン以上

来春から新しく免許取得する場合は、下記の種類になります。
普通免許(総重量3.5トン未満)
準中型免許(総重量3.5トン以上7.5トン未満)
中型免許(総重量7.5トン以上11トン未満)
大型免許(総重量11トン以上)

新規取得となると、中型免許(灰色)・大型免許は取れないと思います。
限定無しの中型免許に関してはどこも統一見解を持っていませんので灰色です。

これだけ、ICDと運転免許の問題が複雑になる背景は
〇学会のステートメントが免許種別をはっきり提示していない。
〇お願いや再考などの言葉が多く、医師の裁量や学会内の規制で終わっている。
〇法律との兼ね合いが曖昧(言われなかった、知らなかった)
〇医師や警察の統一性のなさ(どちらに従うのかが分からない)
〇医師は意見書、警察が決定権(裁量の違い)

良いなら良い、ダメならダメ、「考えてもらう」や「ダメとは言えない」の表現が多すぎて責任の所在があいまいすぎる、その事で受ける方はどのようにも解釈してしまうようだ。
事故を防ぐ為に真面目な行動で自分に規制をかける方と自分の都合の良い解釈で行動する方と居た場合、個人のモラルに頼るだけで良いのだろうか。灰色を残すのは違う意味で便利な部分もあるが、はっきりと規制と法律が相まうような内容(決定)を箇条書きにして医師から患者へそして警察へ渡るようにしたらどうだろうか。もちろん逆でもいいが。

hitomi


植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 590025総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 269昨日の閲覧数: