植込み型医療機器の責任逃れ

Mio植込み型除細動器でネット検索すると、必ずっていいほど上位に出てくる下記の心拍計ですが、
”Mio(ミオ) alpha ストラップレス継続的心拍計測腕時”
注意書きに、
「注)MIOアルファは正確な心拍数を測定できますが、医療機器ではありません。時計とUSBドングルには、ペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)に影響を与える可能性がある強力な磁石が使われています。何かご不明な点がある場合は、使用前に医師にご相談ください。」
これでは、使ってはいけないのか大丈夫なのか何にも分からない。医師にご相談してくださいと言われ、医師がこの機器に対してどのような情報を持っていて、的確な回答がいただけるのかはなはだ疑問なのだが。(止めなさいで終わるパターン)
なんで自分たちが作った商品の利用状況や危険度を医師に回答させるのか、責任を第三者にかぶせているようにしか見えない。

「何かご不明な点がある場合は、当社にご連絡ください」でないといけないのでは、ましてや病名がペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)とはっきりしているので、自分たちがしっかり把握して回答すれば良いように感じます。
例えば、間違いかもしれませんが、「腕に付けた機器を植込み機器にあてがう様な事はしないように」とか、「安全は100%ではありませんが、自己責任で」とか。

疾患の種類によっては使える使えないのであれば、医師に相談は分かりますが、植込んでいるかいないかの単純なことですので、医師に相談は必要ない気がします。
ダメとはっきり書いていないところを見ると、「使っても大丈夫と思いますが、万が一の場合は責任取れません。貴方と医者の問題です」て言っているような・・・・こんなのが多いな~

hitomi


「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 617445総閲覧数:
  • 238今日の閲覧数:
  • 273昨日の閲覧数: