運転制限ステートメントが近日中に改訂されそう

jhrs_device9大阪で開催された日本不整脈心電学会主催の「第9回植込みデバイス関連冬季大会」に1日だけ行ってきました。
第9回植込みデバイス関連冬季大会 会長 栗田隆志(近畿大学医学部附属病院心臓血管センター)

拝聴セッションは、私のスケジュールミスで途中からの会場入りになってしまい、すべては聞けませんでしたが、当会の監事をしております市成浩太郎先生もコメンテイターを務められました「ICD 患者の車の運転制限について、植込み型デバイス関連社会問題対策委員会合同セッション」を聞かせてもらいました。

内容については
—–
2001年の道路交通法改正とそれに伴う2002年の同法施行令の改正により,ICD患者の自動車運転の可否の判断を症例ごとに行うこととなり,2003年,不整脈学会を中心とする不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会が,その判断基準に関するステートメントの初版を発表した。それ以降,同ステートメントは,2010年と2015年に改訂が行われた。
現在,運転制限期間は,ICDの二次予防新規植込み後は6ヶ月,一次予防新規植込み後は6ヶ月であったが2010年改定で30日,ICD適切作動後は12ヶ月,不適切作動後は12ヶ月であったが2015年改定で作動時意識障害なしなら制限なし,ICD植換え後は1~6ヶ月が2010年改定で7日,リード変更後は1~6ヶ月が2010年改定で30日となり,現在に至っている。
患者の生活の質を保つことと市民の安全の確保のバランスから,現状の制限期間は適切であるか。さらなる制限期間の緩和は可能か。当セッションでは現場の声と実際のデータの両面から考察し,将来を展望したい。
—–
此処での話として、今後の改正について、今年の早い時期に新たな制限緩和が出る模様との事。
発表前なのでここには載せられませんが、ICD患者にとって有益な内容になっていました。
6か月が3か月などなど・・・患者の為に奔走(関与)頂いている医師や関係者様に深く感謝です。

hitomi


植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 590025総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 269昨日の閲覧数: