草刈り機に挑戦

kusakari先日の日曜日に、町内の有志による公園の草刈りがあり、たまには参加しないと思い、朝9時より小さな鎌を持って出かけました。
行ってみると参加している人のほとんどが、70代以上で60代が私を含めて数人です。
最近は、若い人の参加がほとんどないとの事、これも時代の流れかさみしい限りです。子供の数が減って、町内に特別世話になることもなく黙ってひっそり暮らしてる方が多そうだ、総じて若い方が外に出て元気にしている姿がほとんど見ない現状です。悲しい限り・・・

話は、草刈り機の事ですが、町内で3台用意されていて2台はいつも使っていそうな方が率先して持っていましたが、後一台誰も持とうとはしません、会長曰く若い方に使っていただきたいとの事で、私の方に視線が・・・困った、胸に機械が入っていて草刈り機はこの機械に悪影響を与えるってここでみんなの前で説明するか、それもいろいろ面倒くさいし、やばい病人のように見られるのもどうかと頭の中で思考回路がぐるぐると回っている。

機械を入れる前は何度か使ったこともあるし、メーカーもダメと言っているが本当にまずいのだろうかと、時々考えていた事でもあるし、やってみようかと、「私がやります」っていい格好してしまった。

ガソリンを入れ、エンジンを掛け、本体をベルトで首にかけ、後ろに回して、スロットルを最大に・・・・
別に何ともない。すこぶる久しぶりのエンジン音に酔いしれた。たまらん・・・・(^^♪
2時間びっしり使って、皆さんから感謝され、手に豆も出来てなにか疲れたが心は爽快、何かうれしかった。

これはあくまでも、私個人の自己責任で行ったことですので、絶対?真似をしないように。
※ベルトは長くして腰まで下げて、なるべく植込み機器との距離をとった事は、付け加えておきます。”写真は私ではありません、実際はもっと腰下まで下がっています。”

hitomi


「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 616989総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 254昨日の閲覧数: