2017年 6月

「AED使用 空港勤務7人、勇気と機転の救命に感謝状」と、いつものAEDで助かった記事ですが、その中で、「パーテーション(間仕切り)で衆人環視まで防いだ事例は聞いたことがない。今までにない完璧な救命活動」との内容です。
https://www.tomamin.co.jp/news/area1/11393/
特に女性の場合、この事はあまり触れられていないが、ものすごく重要で間仕切りが無い場合は、傍にいる方が上着をかける事や人垣を作るなどを当たり前に出来るようになったり、もう少しAED講習などで語られるべきだし、パンフレットなどにも記載されることが必要と感じた内容でした。
※もしかしたら私だけが無知で「そんな事、講習や説明書に載っていますよ」と怒られそう。

hitomi

米ハーバード大学公衆衛生大学院のElizabeth Mostofsky氏らの研究チームは、デンマーク人5万5,502人(50~64歳)を対象に13年以上にわたりチョコレートの摂取量を追跡調査。チョコレートは心房細動の予防に役立つ可能性があると発表した。

発表によれば、チョコレート1サービング(約28g)の摂取頻度が月1回未満の人と比較すると、心房細動リスクの低下率は、月1~3回の人なら10%、週1回の人なら17%、週2~6回の人なら20%と摂取頻度が高いほど大きかった。ただ、週2~6回以上摂取しても低下率は変わらず、1日1回以上摂取する人の心房細動リスクの低下率は16%にとどまっている。

多くのチョコレート製品は砂糖と脂肪が多く、高カロリーであり、体重増加や代謝障害を引き起こす可能性があるため、過剰な摂取は勧められないものの、カカオ含有量の多いダークチョコレートを適度に摂取することは健康的な選択である可能性があると指摘している。
Health Pressより

ダークチョコレートに豊富に含まれるエピカテキンが、高血圧や美肌効果に良い事は知られているが、これが本当なら、その辺には売っていないだろうが、通販で一つ買ってみようかな、血圧も高いし美肌にもいいし・・・爺のシミはとれないが!((´∀`))ケラケラ

hitomi

私の義弟は、医師から植物人間と同じ状態と言われ、3年がたちます。(話しかけたり、冗談を言うとすごく笑う)
最近熱が出て危篤状態になり、療養型医療施設より他の病院に搬送されました、診察の結果膀胱胆石でした。
胆石の手術を尿管からカテーテルを入れて、3回に分けてするが、寝たきりで膀胱が働かない為、直ぐに同じ症状になるので、お腹に管を入れてそこから排尿させることになる。又手術中に心臓が止まる確率も高いとの説明です。 詳細はこちら

shinzouこの年ですから、私の友人も高齢者の部類に入る方が多く、時々心臓が変だ、時々苦しくなる、痛むなどのお話をもらう。
私が体に機械を入れている事と患者会のお手伝いをしている事が関連しているのだろうと思うが、(隠さず大ぴらに話すことが多いので)「時々胸がキューっと傷んだり、フラフラすることがある」「脈が飛んでいることが自分で分かる」などのお話を聞く。 詳細はこちら

170211hakata日 時:平成29年7月23日(日)午後1時~午後4時
場 所:ウィンクあいち 1202号室
名古屋市中村区名駅4丁目4-38 (名駅から徒歩5分)

13:00 受付開始
挨拶:日本ICDの会 理事長 藤田 竹思良
講師:名古屋第二赤十字病院 鈴木 博彦 先生
演題:「デバイス感染とレーザーシースを用いた経皮的リード抜去について」
講師:名古屋市立東部医療センター 村上 善正 先生
演題:「最新のICDと不整脈治療について」

全体質疑応答、意見交換会、交流会
詳細・お申込みについては画像をクリックの上ご覧ください。

ショッキングな記事を見ました。
「各社の心臓ペースメーカーから計8000もの脆弱性、米セキュリティ企業が発見。現場の甘い認識も指摘」
http://japanese.engadget.com/2017/05/30/8000/
外部からハッキングされるおそれがあると警告

programmerペースメーカーがそうならICDやCRT-Dも同じであろうと想像できるし、設定用プログラマーに何か作用するプログラムが入ってしまったらと思うと・・・(パスワードも掛けていない設定用プログラマーがほとんど、これも怖い)
又、「本来は製造者の管理下におかれるはずのそれらツール類が、eBayなどで普通に出回っている」この中には患者の情報が残されている場合があるとの記事です。恐ろしやです。
※記事にあったeBayで現在「ペースメーカ プログラマー 」「Pacemaker programmer」で検索掛けてもありませんでしたが、他の検索方法があるのかも。

 hitomi

「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 601633総閲覧数:
  • 30今日の閲覧数:
  • 231昨日の閲覧数: