回復の見込みがない患者に除細動は必要か

私の義弟は、医師から植物人間と同じ状態と言われ、3年がたちます。(話しかけたり、冗談を言うとすごく笑う)
最近熱が出て危篤状態になり、療養型医療施設より他の病院に搬送されました、診察の結果膀胱胆石でした。
胆石の手術を尿管からカテーテルを入れて、3回に分けてするが、寝たきりで膀胱が働かない為、直ぐに同じ症状になるので、お腹に管を入れてそこから排尿させることになる。又手術中に心臓が止まる確率も高いとの説明です。

この事で始まった、親戚関係の考えの違い、(何が正解なのか今もって分からない)
手術は止める。
手術はするが、心臓が止まったら除細動はかけない。
必ず回復できる可能性があるから何としても助ける。

色々な話が出た、うちの妻は最後の考えで、(自己満足とも言えるが、頭が下がる)この3年間弟の為に仕事もやめ回復すると信じて介護してきた。
病人本人の嫁は、この状態で家に戻られても困るとの考えが、前からあり、まさかとは思うが手術は止めてとの考えか?、違うと信じたい。
親は手術をして痛みが取れて安らかになるなら良いが、除細動も含め延命は要らないとの考えです。
最終的には、手術をして何もなく熱も下がり、穏やかな顔になり皆安心し、3週間後に元の施設に移ったのです。(私の妻は相変わらず、近くのウィークリーマンションです)

dcここでふと手術中の除細動を身内が拒否できるのか、又自分のようにICDを入れている人間が、終末期にICDを止めることが出来るのか、止められなくても交換時期が来た場合どうするのか、などいろいろな事を考えさせられた出来事でした。これは自分がその状態になった時の為、家族とよく話をしておかなければならない事か。
本当に何が正解なのか、難しい!自分の場合は痛みは取っても除細動は要らないかな。!。!。

hitomi


「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 601633総閲覧数:
  • 30今日の閲覧数:
  • 231昨日の閲覧数: