高齢者の運転事故防止へ条件付き免許検討

高齢ドライバーによる事故を防ぐため、警察庁は自動ブレーキが付いた車に限定するなど、条件付き免許の導入について検討を始めることを明らかにした。

今日のニュースや新聞で表題のような記事が流れたが、「安全運転サポート車」の普及が加速されようとしている。safety brake前にも書いたが、我々ICD障がい者の自動ブレーキなどの免許規制も何らかの緩和措置があってもと思う所ですが、このことは検討されているのだろうかと気になる所である。絶対的に高齢者の方が今の時代、切実な問題として検討されるのは仕方のない事と思うが、出来れば並行しての検討をお願いしたい。
2017年度中に「ICD患者の自動車運転の制限に関するステートメン」が改正されるとの事だが、(関連ブログ)警察庁の有識者会議の時間がこちらの「高齢者の事故防止の検討」とられて延び延びになっていることも気になる。

出来れば、
ICDが作動した方は「安全運転サポート車」限定免許に切り替えが出来る
期間が過ぎれば、元の免許に戻せる
などになれば最高なのだが!!、ちなみに私の車は自動ブレーキが付いている。

現在「安全運転サポート車」には3つの区分がある。
このうちどの区分を採用するのか分からないが、技術はどんどん進化しているので、難しいかな、自動運転車も実用段階に入るようだし、技術革新の進歩に法令が追いつかない事態にならなければいいが・・・

〇「安全運転サポート車Ver1.0 ベーシック」
30km/h以下の低速自動ブレーキ(対車両)とペダル踏み間違い時加速抑制装置
〇「安全運転サポート車Ver1.0 ベーシック+(プラス)」
自動ブレーキ(対車両)とペダル踏み間違い時加速抑制装置
〇「安全運転サポート車Ver1.0 ワイド」
自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報装置、先進ライトを装備した車両

hitomi


「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 616989総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 254昨日の閲覧数: