2017年 8月

気になるHPを目にしました。日本緩和医療学会誌に書かれている内容です。

(筑波メディカルセンター病院緩和医療科)
緩和ケア病棟での5例の植込み型除細動器を有するがん終末期の患者に、ICD停止について家族本人との話し合いなど興味深い内容です。
これから増える終末期のICDをどうするのか、難しい内容が垣間見れます。
デジタル記事は
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspm/12/3/12_553/_html/-char/ja/

hitomi

9月1日から始まる、運転免許の新ステートメントに関して、HPに載せてから数件の問い合わせがあります。
今年の3月に作動があり、1年運転が出来なく取消になったが、さかのぼって免許復活するのか
電池交換などで7日間の停止は、公安委員会に診断書を出すのか、出すときにはもう停止は終わってるが
意識喪失してこれから植込みするが、6カ月の停止は分かるが、その間に作動したら、いつから乗れるのか
医師や警察は、知っているのか

簡単に書くとこのような事です。 詳細はこちら

やっと決まりました。運転免許取得に関するステートメント改訂2017年

前から言われていました、植込み後の作動で12か月の期間が3か月に短縮されるステートメントが警察庁交通局運転免許課との協議により平成 29 年 9月 1日から施行されることになました。医師が作成する診断書も一部改訂されています。(参考資料)
http://new.jhrs.or.jp/pdf/guideline/statement201708_02.pdf

「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」(ICD 関連部分)は下記の如く変更になる 詳細はこちら

20170924sapporo日時:平成29年9月24日(日)

場所:TKPガーデンシティ札幌駅前
札幌市中央区北2条西2-19 TKP札幌ビル内
JR札幌駅南口から徒歩5分
電話:011-600-26097
13:00 受付
挨拶:NPO法人日本ICDの会 理事長 藤田 竹思良
講師:手稲渓仁会病院 林 健太郎先生
演題:「ICD、CRTDに関する最近の話題」
講師:手稲渓仁会病院 星 哲哉先生
演題:「医師として患者としてーICD植え込み術を受けて」
全体質疑応答 患者家族の意見交換会、相談会、交流会

詳細・お申込みについては画像をクリックの上ご覧ください。

平成29年8月6日(日曜日)栃木県青年会館 コンセーレ大ホールA

第5回になります宇都宮講演会を無事終えることが出来ました。
毎回ではありますが、自治医科大学の先生方には多くの患者様のご紹介をいただき盛大に開催することが出来ます。
甲谷 友幸先生、三橋 武司先生、本当にありがとうございました。
ご参加いただきました皆様にも、この場をお借りし感謝申し上げます。

甲谷 友幸先生 三橋 武司先生 藤田理事長
会場風景

※写真の二次利用禁止

 

「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 616989総閲覧数:
  • 55今日の閲覧数:
  • 254昨日の閲覧数: