2017年 9月

20171022tokyo

日時:平成29年10月22日(日)
第11回東京公演会は、予定通り開催します(10/22 10:30現在の予定)。
ご参加予定の皆様は、台風でお足元が悪い中ですが、お気をつけてお越しください。

場所:AP品川会議室 京急第二ビル7階 Ⅴ会議室
東京都港区高輪3-25-23 電話:03-5798-3109

13:00 受付
挨拶:NPO法人日本ICDの会 理事長 藤田 竹思良
講師:聖マリアンナ医科大学病院 高野 誠先生
演題:「新規植込み患者と終末期医療におけるデバイス治療」
講師:東京医科歯科大学医学部付属病院 合屋 雅彦先生
演題:「リード抜去と新しい植込みデバイス(仮)」
全体質疑応答 患者家族の意見交換会、相談会、交流会

詳細・お申込みについては画像をクリックの上ご覧ください。

盛んにニュースになっているEMP攻撃ですが、「高度30~400キロの上空で核爆発を起こして行う。その際に生じたガンマ線が大気を構成する窒素や酸素などの分子に衝突。分子に含まれる電子がはじき飛ばされて雷のような巨大な電流が発生するなどした結果、強力な電波の一撃である電磁パルスが地上に襲いかかる。」

解説者の、「人体への直接的な影響はほとんど無いが間接的に大きな被害が長期にわたりおこる」との発言が多いが、そんなわけない、間接的って言葉が引っかかる、ペースメーカやICDが直接の被害を被るし、即時、命を無くする人が何十万人?にもなると思われるが。(機械で生命を維持している人に、もう少しスポットを当ててほしい)

間接的とは、新幹線が止まっる、流通が止まる、ガス水道電気が止まるなどを想定していると思うが、その前に即死に近い方もいる事を言ってほしい。

ネットを見ていると、ペースメーカーやICDはシールドがしっかりしているので(携帯も大丈夫になった位だから)大丈夫、一時なのですぐ回復するなどちんぷんかんぷんな話が出ている。その携帯が影響されるのに体内の機械が大丈夫なはずがない。

専門家の方(メーカー?)の話が全く出てこない、分からないから言いようがないって事か、それでもスルーされるのは困る、過敏に脅す必要はないが、わかる範囲で声明がほしい。

hitomi

「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」
2017年9月1日より運転免許の新ステートメントが施行されます。今まで植込み後の作動で1年間の免許停止が、3か月に短縮されることになりました。
(下記の画像をクリックで大きく表示されます。)

20170901

site

生活する上での機器の問題、行政とのかかわりや病院生活上の悩みなど、治療以外でのお知らせ等を掲載しておりますが、内容に付いて全て検証されたものでは無い事もご承知下さい。

又、お問合せに付きましては、法律上の問題、生活する上での一般的な注意や守るべき事柄などに付きまして、知りえる範囲でお答えいたしますが、病気の悩みや治療に関しては、お話しを伺う(悩みを聞く)ことはできますが、医師法に抵触しますので、ご回答できませんことを予めご了承ください。

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 625152総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
  • 188昨日の閲覧数: