役員ブログ

このような相談がありました。
3か月前にICDを植込み今回自動車免許の更新があり、先生に免許センターに出す診断書を書いてもらうべく提出したのですが、先生は「このような診断書は書けない、私は今までICDを入れた患者に書いた事もないし、運転なんてもってのほか乗るべきではない」との意見のようです。 詳細はこちら

歯医者さんからICDを入れている患者の予約が入ったが、お教えいただきたい。
●微弱な電流や超音波使用する治療器具は使用可能か

こんなことを患者会に聞かれてもな。
どう答えれば、「不整脈専門医に聞いたらどうですか」でしょうね。
最終責任は医者であるそちらが受けるべきですが、参考程度に 詳細はこちら

aed-projectサスペンスドラマ仕立てのe-ラーニングWebコンテンツ「心止村湯けむり事件簿」
日本循環器学会AED検討委員会と減らせ突然死プロジェクト実行委員会より、2016年2月1日に公開されました。

老舗旅館にひとりの男が倒れている。これは事件なのか、事故なのか。
場面ごとに10の問いに答えていく、バーチャル心肺蘇生体験ゲームです。

なかなかなストーリーです。一度やってみては。
http://aed-project.jp/suspence-drama/

hitomi

理事の有志がfacebookを立ち上げてくれています。FB登録されている方は「いいね」よろしくお願いいたします。
ページの右メニューにリンクも付けました。
https://www.facebook.com/japan.icd/

又、Hatena Blog内にこのようなブログを見つけました。
「ICD植え込みを決断」
ICD(植込み型除細動器)の植え込みを決断するまでの日々
http://icd.hatenablog.com/
連絡先が分からず無断リンクになりますが、ご紹介いたします。(削除依頼受付)

追加 2月18日の
ICD植え込み体験談〜尿カテとの戦い〜
これも最高です。「分かる分かる」っていう感じ!読みやすく文書力も抜群!

hitomi

boston s-icd今月1日から保険適用になったS-ICDですが、さっそく東北地区で手術されたようです。
内容については、リンク写真を参照されると良いですが、この記事の写真を見て「エ!なんかデカい」と感じませんか?写真の撮り方も(遠近法)あるのでしょうが、気になるので調べてみました。横幅が最新のICDで比べてやや幅広で厚みが有り、重量もかなりあるようです。
47NEWS mobile

(この写真掲載のページがなぜか?ネットからどんどん消えています。今のうちに写真にしました。47NEWS mobile記事の写真

ボストン・サイエンティフィック S-ICD パルスジェネレータ
寸法(高さ×幅×厚さ) 65.5×78.2×15.7mm
質量:145g
=============================
ボストン・サイエンティフィック DYNAGEN™ EL ICD
寸法(高さ×幅×厚さ) 73.6×53.7×9.9mm
質量:68.9g

メドトロニック Evera MRI ICD
寸法(高さ×幅×厚さ) 67.5×30.5×13.4mm
質量:78.0g

セントジュードメデカル Ellipse ICD
寸法(高さ×幅×厚さ) 68×51×12 mm
質量:66g

日本ライフライン PARADYM2 ICD
寸法(高さ×幅×厚さ) 58.4×73.4×11mm
質量:89g

hitomi

セントd13993-6-406262-1・ジュード・メディカル株式会社は、植込み型除細動器(ICD) Ellipse™のMRI対応の医療機器製造販売承認を取得、本年3月よりMRI対応ICDとして日本で上市すると発表しました。
このMRI対応の医療機器製造販売承認取得により、デバイス装着患者様が従来は絶対禁忌であったMRI撮像による画像診断を一定の条件下で受けることができるようになったことは、患者様のQOLにとって非常に大きな意味を持ちます。と記載されています。

詳細はこちら

ICDhanashi一般社団法人日本不整脈デバイス工業会(JADIA)発行のガイドブック
===「ICDのはなし」患者さんとご家族のみなさまへ===
内に当会「NPO法人日本ICDの会」の紹介が最後のページに掲載されました。
一度ご覧ください。
http://www.jadia.or.jp/images/poster/wide/ICDguide.pdf

hitomi

  • car植込みを受けた時点で自動車運転は原則禁止。
  • ICD研修を履修した医師により記載された診断書を警察署へ提出する。
  • 最終的に公安委員会および警察当局が運転の可否を判断する。
  • 「運転を控えるべきである」と判断される場合には6ヶ月後に再評価(臨時適性検査)の診断書を提出し、保留期間の延長を行わなければ免許は取り消しとなります。
  • 運転可能と判断された場合でも6ヶ月毎の再審査の診断書提出が必要とされる。
  • 中型免許(8t限定を除く)・大型免許や、旅客を輸送する第二種免許などの職業運転は、許可されない。

詳細はこちら

S-ICDの植込み術の増加をにらみ資格要件などが日本不整脈心電学会から発表されました。
S-ICDの参照
http://japan-icd.org/?p=1187 詳細はこちら

apurideこれって発展すれば大変面白いことが起きそうな予感。
消防団員に限らず、特別な講習を受けた人も登録することで大きな輪になるような気がします。同様な実験が全国で2例目となっているが、考えればもっと面白いことが出来そう、積極的に実行発展されるのを期待したい。
特に過疎地では、威力を発揮できそう。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201601/20160112_13013.html

hitomi

植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

月別アーカイブ

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 582362総閲覧数:
  • 240今日の閲覧数:
  • 224昨日の閲覧数: