急性アル中で倒れた人にAED

ツイッターで大きな注目を集めている話題、@mizutama345さんの内容を続けて記載します。
=========================
AEDimagこれ本当に拡散希望なんだけど、昨日横浜駅で急性アル中でぶっ倒れてる人がいたから助けに入ったんだけど、徐脈で意識レベル低下してたからとりあえずAED使ったら通りすがりのBBA看護師に「AEDなんか使うな‼︎そんなの点滴すれば治るでしょ⁉︎すぐ剥がして‼︎」って言われて「何も分かんないの?」的スタンスで言うだけ言って去っていったんだけど、別にAEDって貼ってもすぐ電気流れるわけじゃ無いし必要なかったらちゃんと「使わなくてOK」って言ってくれるから確認の為でも使った方がいいんだよ。こっちだって100%必要だと思って使ってねえよ、急性アル中でもし吐物が詰まって気管閉塞してたら?それで心停止に繋がったら?AEDはそれをちゃんと「確認」してくれる機械なんです。むやみやたらに電気ショックしません。なのにただ見ただけで必要無いっていうのはおかしいんじゃないの?看護師なのに大丈夫?って思って道で倒れて専門的な機械が無い場所で、AEDは万が一の為の装置なんです。もしそれでその人が死んだらどうするの?死んだ人も点滴で治るの?違うだろ。本当に腹立ちました。みんなは今回のおばさんのこんな言葉に惑わされず、迷わずAED使ってほしい。ダラダラと失礼しました。
==========================
この内容に対して一般の方はもちろん、救命士や医師からの「あなたの行為は間違っていない」とのツイートです。

日本救急医学会は、「AEDは問いかけに反応がなく、呼吸がない場合に使用します」とした上で、「(投稿者のケースのように)アルコール飲酒中だったとしても、疑われる原因は何であれ、反応がない、あるいは反応がないことが疑わしい場合はAEDの使用を考慮していただいて構いません」と答えた。

電気ショックが作動する心停止を起こした原因としては、急性心筋梗塞のような疾患が考えられる。しかし「通常、心停止の原因はその場で特定することはできません」として、
「重要なことは、原因にかかわらず、反応がなく、呼吸が普段通りでなければ、心停止を疑ってAEDを使用してみることです。判断に自信が持てないときも心肺蘇生を開始し、AEDを使ってみることを勧めています」と、意識や呼吸の状態が少しでもあやしいと感じた場合に使用を推奨している。AEDの使用で症状が悪化することもないという。

AEDを持ち出した今回の投稿者の判断は、正しかったと言えそうだ。

hitomi


植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

月別アーカイブ

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 575778総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 165昨日の閲覧数: