血液1滴で血栓リスクを測定できる

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクスは2016年9月1日、血液凝固分析装置の新製品「エクスプレシア ストライド」を発表した。2016年11~12月をメドに発売する。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/090103817/?ST=health
(リンク切れ想定して下記に内容抜粋)
3234血栓ができやすい心房細動などの患者には血液の凝固を防ぐための薬(ワーファリン)が処方されますが、ワーファリンには1)投与の量の調整が難しい2)他の薬剤や食べ物との相互作用も起こしやすいというポイントがあるため、血液凝固能を定期的に測定する必要があるのですが、多くのクリニックはPT-INR検査を検査センターに外注しているため、すぐに結果は得られず、その日にPT-INR値を測定できる検査装置が望まれていたそうです。

3235すごいですね、血液一滴でワーファリンの適切な投薬量が瞬時に分かるとは。

血液一滴と言えば、「アルツハイマー病の兆しがわかる」や「がんの早期発見(2018年までに実用化される見込み)」など最近この手の記事が多い気がする。病気に対するいろいろな技術がものすごい勢いで進んでいるのでしょう。医療現場も情報格差と同じで知識格差も増えて行くのだろうと想像ができる。忙しいお医者さんも大変だ・・・・

hitomi


植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

月別アーカイブ

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 575778総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 165昨日の閲覧数: