認定施設

2016年11月1日現在427施設を掲載(日本不整脈デバイス工業会調べ)

当認定施設の情報につきましては日本不整脈デバイス工業会様からの提供を受けております。無断で私的なホームページへの転写はお控えください。
※下記一覧表示をクリックいたしますと、別ページにPDFファイルで展開いたします。

 

  

植込み後の作動での運転免許停止の緩和
2003年に報告された初版の3学会合同ステートメントでは、ICDの不適切作動(誤作動)は適切作動と同様とみなされていたため、誤作動であっても意識障害の有無に係らず、その後12ヶ月間の運転制限が設けられていました。今回、合同検討委員会ステートメント補遺2では、患者が意識障害や意識消失を伴わない場合の不適切作動(誤作動)に限っては、その後のICD設定変更や適切な治療を行うことで予防できるとの考えから、特に運転制限を行う必要性はない、と変更されました。但し、不適切作動(誤作動)時に意識障害や意識消失をきたした場合には、これまでと同様その後12ヶ月間の運転制限が必要となります。

月別アーカイブ

機器メーカーリンク

medtronic_logo

JLL_logodata

sjm_logo

boston

Fukuda

biotronik

goodman

nipro

Count

  • 582362総閲覧数:
  • 240今日の閲覧数:
  • 224昨日の閲覧数: